Home > 院長日記 > 特別な場所

特別な場所

和子山中湖へ行ったことがある人は、たくさんいると思います。山梨県の富士五湖のひとつで、観光地でもあり、ペンションや保養施設がたくさんあって、冬は、ワカサギ釣りでも有名です。富士箱根伊豆国立公園の中にあり、晴れていれば目の前に、そびえ立つ富士山がとてもすばらしい所です。

2006年(平成18年)10月14日、私は、妻の和子と二人で山中湖へ行きました。「富士山が見たい。」と言った和子の希望をぜひ叶えてあげたくて、「どうか今日は富士山が見えますように」と、何度も心の中で祈りながら車を走らせました。この時、和子の大腸癌の再発がわかってから7ヶ月が経っていました。かなり、痛みや、右足のしびれ、感覚麻痺、排尿障害などの症状が出ていて、杖を使わないと歩けない状態でした。確実に癌が和子の身体をむしばんでいくのがわかって、私は、そんな和子の身体を気遣いながら、もしかしたら、この旅行が、二人の最後の旅行になるかもしれないと思いながら、でも、いやきっと奇跡が起こって、良くなってまた来れるよという両方の思いを胸に、美しい紅葉を眺めました。

願いが叶って天気に恵まれ、富士山は圧倒的な迫力と美しさで、私達を迎えてくれました。富士山をバックに、和子の記念写真を撮ろうとカメラのレンズをのぞいた時、やせている和子の身体を見て、一瞬シャッターを押すのをためらった自分がいました。その翌年の夏、私は和子を撮った同じ場所でカメラに収まりました。山中湖は、和子と二人で楽しい時間を過ごせた最後の旅の場所であり、私にとって特別な場所になりました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 院長日記 > 特別な場所

Search
Links

Return to page top