Home > 院長日記 > ストレスについて 2

ストレスについて 2

人々私達は生きている限り、ストレスが全くないということはないと思います。逆にある程度のストレスは、生きていく上で必要ではないかと思います。ストレスが全くなくなった状態では、人として生きていけないように思うのです。ただ現代社会では、あまりにも過剰なストレスを抱えてしまっている人が多いのが実情です。では、その過剰なストレスにどのように対処していけばいいのでしょうか?今回はそのことについて考えていきたいと思います。

今回「ストレス」について是非書いてみたいと思い、私なりに頭をひねって、感じている事や考えている事などを整理しながら書いていますが、どちらかというとあまり文章を書くのが得意な方ではありませんので、実はストレスです(笑)。

ストレスは、本人がストレスと感じればストレスですし、ストレスと感じなければストレスではありませんね。同じ事でもストレスと感じる人もいれば感じない人もいます。心身ともに健康で、いつも感謝の気持ちを持っていて、小さな事にくよくよせず、前向きに生きている人と、病気を抱えて、いつも不安な気持ちでいる人では、ストレスの感じ方は当然違ってくると思うのです。

必要以上のストレスを感じない、しなやかな状態になるために、まずは身体の改善から始めてはどうでしょう。身体の調子が良いと、物事を前向きに捉えられるようになり、心の持ち方が変わってくるはずだと思うのです。次回は、身体を整える方法について考えていきましょう。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 院長日記 > ストレスについて 2

Search
Links

Return to page top